出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 他人に利益となるように図ること。自分のことよりも他人の幸福を願うこと。

  1. 仏語。人々に功徳・利益 (りやく) を施して救済すること。特に、阿弥陀仏の救いの働きをいう。

出典:青空文庫

出典:gooニュース