出典:デジタル大辞泉(小学館)

16~18世紀の器楽曲に用いられた名称。自由で幻想的なものと、複雑な対位法を用いたものがあり、後者はフーガの原型となった。