出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 古代、中国を中心とする東アジア諸国の刑法典。令 (りょう) とともに国家の基本法で、刑罰を規定したもの。日本では、天武天皇の時の飛鳥浄御原 (きよみはら) 律が最初で、以後、大宝律・養老律で完成した。→律令

  1. (梵)vinayaの訳》仏語。

    1. ㋐僧尼の守るべき生活規律。

    2. ㋑「律蔵」の略。

    3. ㋒「律義 (りつぎ) 」の略。

    4. ㋓「律宗」の略。

  1. 楽音の絶対音高をさす。音律。ピッチ。

  1. 日本および中国音楽の音程の単位。十二律の音の高さの差を表し、一律は洋楽の半音にあたる。

  1. 十二律のうち、陽(奇数律)に属する6音。⇔呂 (りょ) 

  1. 催馬楽 (さいばら) で、平調 (ひょうじょう) の音を主音とする曲。⇔

  1. 律詩 (りっし) 」の略。

  1. 律旋法」の略。⇔

  1. 律調」の略。⇔

[文学/外国の文学]カテゴリの言葉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉