リッケルト【Heinrich Rickert】 とは

  1. [1863~1936]ドイツの哲学者。西南ドイツ学派の代表者の一人で、先験的観念論を徹底化した。文化科学と自然科学との方法論の違いを解明し、個性記述の学としての歴史科学の独自な方法論を展開した。著「認識の対象」「文化科学と自然科学」など。