出典:デジタル大辞泉(小学館)

lipoprotein脂質と結合した複合たんぱく質。生物体に広く存在し、生体膜を構成するものは不溶性。血液中のものは水溶性で、コレステロールなどの脂質の運搬を行い、分子密度から低比重リポたんぱく質(LDL)・高比重リポたんぱく質(HDL)などに分けられる。