• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

りゅう‐がく〔リウ‐〕【留学】 の意味

  1. [名](スル)他の土地、特に外国に在留して学ぶこと。「イギリスへ留学する」「内地留学」
  • 名詞

りゅう‐がく〔リウ‐〕【留学】の慣用句

  1. りゅうがくせい【留学生】
    • 外国に滞在して学術・技術などを学ぶ学生。「国費留学生」→就学生
  1. りゅうがくビザ【留学ビザ】
    • 日本の大学・短期大学・高等専門学校・高等学校・各種学校などで教育を受ける外国人に認められる在留資格。→就学ビザ
  • りゅう‐がく〔リウ‐〕【留学】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・――そう云う体面を重ずるには、何年か欧洲に留学した彼は、余りに外国人を知り過ぎていた。

      芥川竜之介「将軍」

    • ・・・…… この目覚しいのを見て、話の主人公となったのは、大学病院の内科に勤むる、学問と、手腕を世に知らるる、最近留学して帰朝した秦宗吉氏である。

      泉鏡花「売色鴨南蛮」

    • ・・・森は早くから外国に留学した薩人で、長の青木周蔵と列んで渾身に外国文化の浸潤った明治の初期の大ハイカラであった。

      内田魯庵「四十年前」