出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 宇宙塵 (うちゅうじん) が地球の大気中に高速で突入し、発光する現象。高度100キロ付近で衝突・発熱して輝き、多くは大気中で消滅する。特に明るいものを火球という。大きなものは地上に落下し、隕石 (いんせき) という。流れ星。 秋》

  1. 花火などで、流星のように光が尾をひいて流れ落ちてくるもの。流星火。

出典:青空文庫

出典:gooニュース