出典:デジタル大辞泉(小学館)

近世初期の歌謡。文禄・慶長(1592~1615)ごろ、堺の高三隆達 (たかさぶりゅうたつ) が創始、扇拍子や一節切 (ひとよぎり) などの伴奏で流行。近世小歌の祖という。隆達小歌。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉