出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 想像上の動物である竜をかたどった文様。

  1. 太い糸で平織りにした絹織物。織り目は斜めで地は厚い。江戸時代には袴 (はかま) や帯地などに用いた。