出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良県中部、奈良盆地吉野川流域の間に広がる山地。最高峰は竜門岳(標高904メートル)で、ほかに御破裂 (ごはれつ) 山(標高618メートル)・高取山(標高583メートル)などの山々がある。南は中央構造線による断層で北側にゆるやかに傾斜している。北東は初瀬川によって大和高原に区切られ、東は宇陀 (うだ) 山地に、南西は金剛山地に続く。

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉