出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 学生・従業員などのための共同宿舎。「会社の寮」

  1. 茶室としてつくった小さな建物。数寄屋。また、その名目でつくった江戸の富裕町人の別宅。下屋敷。

  1. 律令制で、多くに属し、職 (しき) より下位、司 (し) より上位に位置する官司。内蔵 (くら) 寮図書 (ずしょ) 寮など。

  1. 僧の住む寺内の建物。また、僧が寄宿して修学する道場。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉