出典:デジタル大辞泉(小学館)

素粒子原子分子などの微視的な世界の物理現象を扱う理論体系。物質のもつ波動性と粒子性、観測による測定値の不確定性などを基本とする。アインシュタイン光量子論ボーアの原子構造論などを経て、ハイゼンベルク行列力学シュレーディンガー波動力学とが統一されて、1925年ごろ確立。

出典:青空文庫

出典:gooニュース

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉