出典:デジタル大辞泉

江戸時代、五百石以下御目見 (おめみえ) 以上の旗本の未決囚を収容していた幕府の牢屋 (ろうや) 。監房は独居制で、江戸小伝馬町の牢屋敷の一隅にあった。→揚がり屋