出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「史記」信陵君伝から》どちらにつくか決めないで、あいまいな態度をとる。「派閥争いの外にいて―・する」