出典:デジタル大辞泉(小学館)

石川・富山・福井・岐阜の4県にまたがる山地。白山から能郷 (のうごう) 白山(標高1617メートル)までの、ほぼ南北に続く山地。北の白山を主峰とする加越 (かえつ) 山地と、南の能郷白山を主峰とする越美 (えつみ) 山地の併称。水資源が豊かで、手取川ダム(手取湖)・九頭竜 (くずりゅう) ダム(九頭竜湖)などダム・人造湖が多い。日本有数の豪雪地帯。白山国立公園に属する。名は二つの「白山」に由来する。

[地理/日本地名/中部]カテゴリの言葉