出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. その場に臨んで検査すること。

    1. 「火災の起こる毎に…足軽数十人を随えて―した」〈鴎外渋江抽斎

  1. 行政機関の職員が、行政法規の実施を監視するため、営業所・倉庫・工場などに立ち入ること。立ち入り。

  1. 租税の犯則事件の調査のため、収税官吏が現場に立ち入ること。

  1. 国際法上、船舶を拿捕 (だほ) する際、その理由の有無を確かめるために船舶の書類を検査すること。

出典:青空文庫