出典:デジタル大辞泉(小学館)

五酸化燐を水で処理して得られる一連の酸の総称。一般にはオルト(正)燐酸をさす。無色の粒状の結晶で、水によく溶け、ふつうは水溶液をいう。強い三塩基酸。加熱によりピロ燐酸、さらにメタ燐酸になる。生体に広く分布し、骨に多い。肥料・洗剤の製造や清涼飲料・歯科用セメントなど広く利用。化学式H3PO4

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫