出典:デジタル大辞泉(小学館)

《綸言の旨の意。「りんし」とも》

  1. 天子などの命令。また、その内容。綸命。

  1. 蔵人 (くろうど) が天皇の命を奉じて出す奉書形式の文書。平安中期以後に多く出され、料紙は多く薄墨色の宿紙 (しゅくし) を用いた。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉