出典:デジタル大辞泉(小学館)

アフリカ南西部、アンゴラ共和国の首都。旧称サンパウロ‐デ‐ルアンダ、またはロアンダ。大西洋に臨む港湾都市であり、クアンザ川の河口に位置する。16世紀後半、ポルトガル人のパウロ=ディアスによって開かれた。サハラ以南におけるヨーロッパ人による最古の入植地として知られる。17世紀建造のサンミゲル要塞、旧ポルトガル総督府などがある。コーヒー・ダイヤモンドなどを輸出。人口、都市圏182万(2006)。