出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「史記」范雎 (はんしょ) 伝から》積み上げた卵のように、非常に不安定で危険な状態。「今まさに累卵の危うきにあると言える」