出典:デジタル大辞泉(小学館)

Ruwenzori Mountains》アフリカ中部、コンゴ民主共和国とウガンダとの国境にある山地。大地溝帯に沿う六つの山群からなり、最高峰は標高5110メートルのマルゲリータ山。赤道直下にあるが、万年雪をいただき、氷河が発達。1889年にH=M=スタンリーが到達。山麓を含む一帯が1994年にルウェンゾリ山地国立公園の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。