出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 絵かき。画家。

  1. (画師)律令制で、中務省 (なかつかさしょう) 画工司 (えだくみのつかさ) に属して絵画制作に従事した工人。宮殿・寺院の建立、調度の敷設などに際し、装飾・文様・彩色に携わった。

  1. 平安末期以後、院や幕府の絵所に属した画工。

出典:青空文庫

出典:gooニュース

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉