出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安・鎌倉時代、遥任などで国司が在京する場合、目代在庁官人が国務を執るための現地の政庁。