出典:デジタル大辞泉(小学館)

周縁に4個から10個の小鈴をつけた銅鏡。5~6世紀の日本独自のもので、巫女 (みこ) の埴輪 (はにわ) に、これを腰につけたものがある。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉