出典:デジタル大辞泉(小学館)

胡弓 (こきゅう) の一種。大正11年(1922)ごろ、田辺尚雄が考案。木製台形の胴に棹 (さお) をつけ、3本の金属弦を張り、チェロの弓でこすって奏する。大胡弓。

[美術・音楽/楽器]カテゴリの言葉