出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ変]《「えんず」の撥音の無表記》「えん(怨)ずる」に同じ。
  • 「もの憎みはいつならふべきにかと―・じ給へば」〈・澪標〉