出典:デジタル大辞泉(小学館)

漢字の書体の一。程邈 (ていばく) 小篆 (しょうてん) を簡略化して作ったものといわれる。漢代に装飾的になり、後世、これを八分 (はっぷん) または漢隷、それ以前のものを古隷といって区別した。現在は一般に八分をさす。→八分

出典:青空文庫