出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 平安時代、病虫害などによる田地の収穫の減少が10分の3以下のもの。→異損

  1. 平安時代、重病・死亡などにより、本人の調庸を減免したこと。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉