出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「てん(等)」は唐音》金銀などの重さを釐 (り) (厘 (りん) )などのわずかな量まで精密に量るさおばかり。明治初年まで用いられ、さおは象牙黒檀紫檀などで作った。りんばかり。りんだめ。れいてん。れてぐ。