出典:デジタル大辞泉(小学館)

Single European Act》単一欧州議定書。EC(欧州共同体)の市場統合などをうたい、1986年EC首脳会議で採択。1987年発効。1993年1月から欧州単一市場が始動し、議定書は役割を終え、当時の加盟12か国の間で人、物、資本、サービス(保険、医療、教育など)の移動が自由となった。