れき‐だい【歴代】 の意味

  1. 何代も経てきていること。また、それぞれの代。歴世。「歴代の首相」
  • 名詞
  • れき‐だい【歴代】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・発狂禁止令を等閑に附せる歴代政府の失政をも天に替って責めざるべからず。

      芥川竜之介「馬の脚」

    • ・・・何しろそういう妙画を蔵している家ですから、そこへ行けば黄一峯の外にも、まだいろいろ歴代の墨妙を見ることができるに違いない。

      芥川竜之介「秋山図」

    • ・・・然しそれは歴代の為政者の中央政府に阿附するような施設によって全く踏みにじられてしまった。

      有島武郎「北海道に就いての印象」