出典:デジタル大辞泉(小学館)

代表的な燐脂質 (りんししつ) の一。界面活性をもつ。生体膜などの構成成分として動植物に広く分布し、特に脳・神経・卵黄や大豆・酵母などに多い。ホスファチジルコリン。