出典:デジタル大辞泉(小学館)

マメ科の越年草。茎は地をはってよく分枝し、葉は9~11枚の小葉からなる羽状複葉。4、5月ごろ、長い柄の先に紅紫色の蝶形の花を輪状につけ、仏像の蓮華座を思わせる。中国の原産。江戸後期から緑肥にするため水田に栽培され、田植え前の花盛りのころに土にすき込む。漢名、紫雲英。げんげ。れんげ。 春》「手にとるなやはり野に置け―/瓢水」

出典:青空文庫