出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)《「衡」は横で、東西の意》中国、戦国時代張儀が、蘇秦の合従 (がっしょう) 策に対抗して唱えた外交政策。趙 (ちょう) 燕 (えん) 斉 (せい) の6国を、それぞれ個別に秦と同盟させようとしたもの。連衡策。転じて、連合すること。同盟を結ぶこと。→合従 (がっしょう) 1