出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、川を渡る客を乗せた台。ふつう、板に2本の担い棒をつけたもので、4人でかついだ。また、大名・貴人を駕籠 (かご) のまま乗せるものは大高欄といい、2、30人でかついだ。