出典:デジタル大辞泉(小学館)

国文法で活用形の一。活用する語の語形変化のうち、文中で文を中止するときの形。また、文語では助動詞「けりたり」など、口語では助動詞「」などを伴って用いられ、形容詞の場合には連用修飾語にもなる。六活用形の第二に置かれる。