出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接尾]上代東国方言。名詞、または形容詞の連体形に付いて、親愛の意を表し、また、語調をととのえるのに用いる。
  • 「我が家 (いは) ―に行かも人もが草枕旅は苦しと告げやらまくも」〈・四四〇六〉
「常なりし笑まひ振舞 (ふるまひ) いや日異 (け) に変はらふ見れば悲しき―かも」〈・四七八〉