出典:デジタル大辞泉(小学館)

Val de Loire》フランス中部を流れるロアール川流域の渓谷。中流域にはシャンボール城ブロア城アンボアーズ城シュノンソー城ビランドリー城アゼールリドー城など、16世紀頃に王侯貴族が建造したフランスルネサンス建築を代表する城館や庭園が多いことで知られる。2000年、「シュリーシュルロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ロワール渓谷。