出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 年をとっていること。また、その人。老人。「老先生」

    1. 「―を負い幼を扶けて火を避くる者」〈樗牛滝口入道

  1. 律令制で、61歳から65歳(のち、60歳から64歳)までの者の称。

  1. 老人が自分のことをへりくだっていう語。

    1. 「稚き女子の矢武におはするぞ、―が物見たる中のあはれなりし」〈読・雨月・浅茅が宿〉

[接尾]自分より年長の人の名に付けて軽い敬意を表す。「山本老」

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉