出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形シク]《「ろうろうし」とも》
  1. 物慣れている。物事に巧みである。

    1. 「何事にも―・じくおはせし御心ばへなりしかば」〈・幻〉

  1. 才たけて情感が豊かである。

    1. 「心の―・しきこと世に聞こえ高くて」〈宇津保・俊蔭〉

  1. 上品で美しい。

    1. 「かたち清らに―・しく、年わかきを見給ひて」〈宇津保・忠こそ〉