出典:デジタル大辞泉(小学館)

イタリア共和国の首都。同国中部、テベレ川下流域に位置し、市内には七つの丘や世界最小のバチカン市国がある。古代ローマ帝国の首都。ローマ教皇庁所在地として長くヨーロッパの政治・文化・宗教の中心。パンテオンコロセウムカラカラ浴場跡など古代ローマ遺跡が多い。1980年、世界遺産(文化遺産)に登録された。その後、1990年に登録範囲が拡大され、登録名は「ローマ歴史地区、教皇領とサンパオロ‐フォーリ‐レ‐ムーラ大聖堂」となった。人口、行政区271万(2008)。
[補説]「羅馬」とも書く。
作品名別項。→ローマ
ローマ帝国」の略。