出典:デジタル大辞泉(小学館)

ローマ字を用いて語を書き表すこと。また、その書き表し方。日本語では、訓令式標準式(改正ヘボン式)・ヘボン式日本式のつづり方がある。


[補説]昭和29年(1954)12月9日内閣告示の「ローマ字のつづり方」では、一般的なつづりを第1表で示し、慣例により使用しても差し支えないとするつづりを第2表で示している。この表は訓令式新表ともよばれる。

第1表
aiueo   
kakikukekokyakyukyo
sasisusesosyasyusyo
tatitutetotyatyutyo
naninunenonyanyunyo
hahihuhehohyahyuhyo
mamimumemomyamyumyo
ya(i)yu(e)yo   
rarirureroryaryuryo
wa(i)(u)(e)(o)   
gagigugegogyagyugyo
zazizuzezozyazyuzyo
da(zi)(zu)dedo(zya)(zyu)(zyo)
babibubebobyabyubyo
papipupepopyapyupyo

第2表
shashishusho 
  tsu  
chachichucho 
  fu  
jajijujo 
didudyadyudyo
kwa    
gwa    
   wo