出典:デジタル大辞泉(小学館)

住宅ローンなどの利用者と金融機関が融資契約を締結する際、保証会社が融資債務を保証すること。保証会社は保証料を受け取り、ローン契約者が返済不能となった場合は、保証会社が債務を肩代わりする。保証会社が借り手の信用を補完することで、金融機関による融資が促進される。