出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 輿 (こし) や駕籠 (かご) を担ぐ人足。駕籠舁 (かごかき) 。

    1. 「―十二人すぐりて、小さき家のありくがごとし」〈浮・一代男・五〉

  1. 下僕。下男。

    1. 「あとなる―目に角を立てて」〈浮・永代蔵・一〉

  1. (「漉酌」とも書く)造り酒屋の下男。

    1. 「池田、伊丹の―たちは、昼は縄おび縄だすき」〈松の葉・三〉

  1. 賄 (まかな) い・掃除などをする雑役人の総称。

    1. 「御近習の人の召しつかふ坊主、―などいふものの」〈折たく柴の記・中〉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉