出典:デジタル大辞泉(小学館)

または銅合金の表面に生じる緑色のさび。空気中の水分と二酸化炭素の作用により生じるものは塩基性炭酸銅CuCO3・Cu(OH)2で、古くから緑色顔料として利用。硫黄化合物を含む環境下では、その酸化物がさらに酸化された塩基性硫酸銅CuSO4・3Cu(OH)2を生じる。石緑 (せきろく) 。あおさび。銅青。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫