出典:デジタル大辞泉(小学館)

ヨーロッパ東部からシベリアに及ぶ地域に、スラブ民族が建てた国。862年北海北方におけるルスのノブゴロド公国建国に始まり、諸公国の分立時代を経て、13世紀にモンゴルに征服されたが、1480年ごろモスクワ大公国が成立。17世紀以降はロマノフ家による中央集権国家として発展。ピョートル1世のとき絶対主義体制を確立し、皇帝(ツァーリ)による専制支配が続いたが、1917年のロシア革命によって帝政は崩壊、ソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)が成立。その構成する一共和国となる。1991年ソ連の解体により、ロシア連邦となる。
[補説]「露西亜」とも書く。
ロシア連邦」の略。

出典:青空文庫

出典:gooニュース