出典:デジタル大辞泉(小学館)

20世紀初頭のロシアに起こった一連の革命。第一次革命は、ロマノフ朝の専制支配に対する不満を背景に、1905年1月の血の日曜日事件を機として起こり、全国ゼネスト、戦艦ポチョムキンの反乱などで頂点に達したが、国会開設勅令の発布やモスクワでの武装蜂起の失敗により鎮静化した。第二次革命は、第一次大戦での敗北や社会不安から、1917年3月(ロシア暦2月)に労働者や兵士が蜂起、帝政を打倒してケレンスキーの臨時政府が成立。さらに、11月(ロシア暦10月)、レーニンの指導するボリシェビキプロレタリア独裁を目ざして武装蜂起し、史上初の社会主義政権を樹立した。→十月革命