出典:デジタル大辞泉(小学館)

酒石酸ナトリウムカリウムの無色の結晶。強誘電体で、ピックアップなどの圧電素子として用い、また下剤・利尿剤に使用。1672年、フランス西部の町ラ‐ロシェルの薬剤師P=セニエットが薬用として合成したものはセニエット塩とよばれる。化学式KNaC4H4O6