出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、万治・寛文(1658~1673)のころ、大小を差し、異様の風体で江戸市中を徘徊 (はいかい) した侠客団。鉄砲組・笊籬 (ざる) 組・鶺鴒 (せきれい) 組・吉屋組・大小神祇組・唐犬組の6団体があった。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉