出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]10世紀末から12世紀にかけて西欧に広まったキリスト教美術様式。古代ローマゲルマン民族などの様式に東方の影響も加わったもので、ゴシックに先立つ。特に重厚な教会堂建築に代表され、石造穹窿 (きゅうりゅう) をはじめ、半円形アーチの多用が特色。ロマネスク式。
[形動](romanesque)小説のように、数奇であったり情熱的であったりするさま。「ロマネスクな半生」

出典:青空文庫